ルート営業で人脈を広げよう!

公開日: : 最終更新日:2014/07/16 既卒者の就職講座

ルート営業を2年やる目的は、人脈の拡張にあり!

ルート営業を修行の場所に選ぶ理由は、ご自身のスキルを磨き上げる為だけではありません。

このサイトは、ビジネススキルアップの為のコラムを載せているのではなく、あくまでも「元人材屋が既卒者の就職を支援する」という切り口のサイトですので、そこは誤解のないようにして頂きたいと思います。

ルート営業の仕事を2年間頑張って続ける本当の意味は、自分が入りたいと思う会社、もしくは業種業界の人と接触し、人間関係を構築し、情報収集をするという部分にあります。

せっかくの貴重な2年間を、事務仕事など、あまり人と接する必要のない職種に充ててしまうと、一番大切な社外人間関係の構築というものができなくなってしまいます。

もちろん、事務職であっても社外の人間関係の構築は可能ではありますが、ルート営業の場合に比べて効率性が非常に悪くなってしまいます。

御用聞きであるルート営業と言っても、2年間頑張っていれば、必ず社外にあなたを可愛がってくれる「気の合う先輩」というのが何人もできるようになってきます。

ここで、「自分が関わりたいと思っている業種のルート営業を選べ!」という要素が有効に機能するようになってきます。

あなたを可愛いと思ってくれる先輩が見つかれば、積極的に交流を図るようにしましょう。

自分が入りたいと思う業界の最先端の生の情報を入手する事ができるようになりますし、その方を通じて、ご自身の就職に役立つキーマンになるような人を紹介してもらえるチャンスもグッと高くなります。

既卒者の方は、基本的には優秀な頭脳を持っているわけですから、その辺の型にハマりだすと、非常に高い能力を発揮できるようになります。

このような戦略を取って、結局、志望企業に近い取引先の企業に就職してしまったというサクセスストーリーを演じた方も結構な数いらっしゃいました。

なかなかそこまで上手く話が進むケースは稀ではあるのですが、ルート営業で構築した人間関係が就職口を探すのに本当に有効に機能する事だけは間違いのない事実です。

居心地がよくなって、そのまま「2年だけ」と決めて入った会社に就職をして、今では新規開拓の営業管理職をやっている既卒者出身の方もいますので、それはそれで1つの選択肢なのだと思います。

ルート営業と言えども決して楽な仕事ではないのですが、既卒者というハンデを持った属性から完全に脱却する為には、最低限そのレベルの努力をする事は必須になります。

ルート営業の案件でも就職口を探すのは大変ですが、「営業補佐」と言う形のアルバイト雇用案件もたくさんありますし、そのへんは融通が効きやすい職種ですので、このあたりは転職サイトや転職エージェントなどの就職支援サイトのキャリアコンサルタントと良く相談をしてみるようにしてください。

2年頑張ったら、本命企業の就職活動に移ろう!

長い戦いでしたが、上記のような戦略で2年頑張れば、以前のあなたとは別人のような立派な社会人へと成長を遂げているはずです。

2年間の間に築き上げた人間関係を上手に使い、時に情報収集をして、時にキーマンを紹介してもらったりして、「世渡り」というスキルを身につけながら、効率的な「本命企業への就職活動」を進めるようにしてください。

全くのガチンコで臨むのと、「誰かの紹介」という形で就職面接に臨むのとでは、全く形勢が変わってきます。

「あなた誰?」の状態から始めるよりも、「あの人の紹介なら」という状況から始まる就職面接は比較にできないくらい有利な状況になります。

もちろん、書類選考や面接の折には、三ヶ月と決めてやりたくない仕事に挑戦し、くだらないプライドなどを全部捨ててきた話を織り込めば、面接は和気あいあいとして雰囲気で進むはずです。

当然、全ての企業の面接に合格できる保証はありませんが、心労も最低限に抑えられますし、何より何の戦略も持たないで就職活動をする場合に比べて、合格率は格段に高くなるはずです。

遠回りなようですが、学卒者の方には最も効果的であると思われるこの鉄板の就職テクニック。

興味を持たれた方は、早速今日から「やりたくないアルバイト探し」を始めてみて頂きたいと思います。

最初に戻る

関連記事

既卒者は不器用な人が多い?器用になるより、その個性を生かせ!

既卒者は不器用な人が多い 筆者が接した既卒者には色々な方がいましたが、就職を妨げている要因はみ

記事を読む

「何故既卒になったのか?」という質問の答えが、面接官の印象を大きく変える

「何故既卒になったのか?」という質問の答えを用意しておくことは、とても大事な事です。既卒者の面接

記事を読む

既卒者必読!「完全実績構築主義」で就職を勝ち取った男の話

前のコラムで、やりたくないアルバイトをしてマインドチェンジをしたり、ランクを落とした会社にルート

記事を読む

人材のプロが伝授する既卒者が就職を成就させる為の書類作成術

既卒者の方が見事に正社員の称号を手に入れる為には、2つのハードルを超えなくてはなりません。

記事を読む

既卒者の就職失敗例 ~既卒者の「経験不足」という落とし穴

既卒者とは、学校を卒業した後に就職しなかった人や、一度就職したけれど1~3年で退職した人を指しま

記事を読む

言語化と方便言葉を駆使すれば既卒者でも楽々就職できる!

既卒者の方というのは基本的に知識が豊富な人が多くなる傾向にあります。 当然、大学という最高

記事を読む

PAGE TOP ↑