既卒者が望む仕事に就職するための鉄板の方法を公開!

公開日: : 最終更新日:2014/07/16 既卒者の就職講座

既卒者が理想の就職を叶えるには

既卒者は一番嫌われる!?

人材会社に勤務をしていると、ざまざまな属性の方が職探しの相談にやってきます。

「そのまま今の会社に居れば良いんじゃないかなあ」と思うような羨ましい条件なのに、なぜか転職を希望するエリートサラリーマン。

人間工具箱のように建築技術系のあらゆるスキルを持っているのに、なぜかIT業界に入りたいと相談にやってくる40代の職人系管理職の方。

そして、このサイトで触れているような職歴の無いニートやフリーター、そして既卒者の就職希望者の方々。

職を探す人の属性は列挙するのが困難なほど様々なのですが、私が接してきた中で最も困難で厄介だと感じたのが既卒者の就職希望者の方たちでした。

何が厄介かといえば、変に頭が良くて、とにかく希望は高く、かつ潜在プライドが高いものですから、その凝り固まった脳みそから解体していかないと就職活動の土俵にも上がれない人が本当に多かったので、心底苦労をさせられました。

既卒者こそ、就職口を探すのは本当に困難です。企業の人事担当者も既卒者を一番嫌います。

せっかくこのコラムを読んで下さっているわけですから、のっけから心を打ち砕いてしまうような書き方をして心苦しくはあるのですが、その現実をまずは受け入れることから始めて頂きたいと思います。

本コラム内で既卒者がハッピーな就職口を見つける為の鉄板の方法を公開をしていきますが、かなり精神的には負荷がかかる方法だと先に述べてしまいます。

まずは覚悟を決めてください。

就職する方法はありますが、とにかく「既卒者」という属性にハマってしまったら、そこから抜け出すのは大変な事なのだという点だけは忘れないようにしてください。

既卒者がハッピーな就職をするには、最低二年かかると腹をくくろう

のっけから厳しい現実ばかり突き付けてしまって恐縮なのですが、既卒者のあなたがハッピーな就職を果たしたいと思うならば、まずは最低でも二年はかかるという現実を受け入れるようにしてください。

もちろん、正社員という称号が欲しいだけであれば、適当な会社を選んで運良く採用される事があるかもしれません。

しかし、何の信念もポリシーも戦略も無しにたまたま入れた会社で、長続きしたという事例を筆者はあまり見かけた事がありません。

キッチリと人生の起動を補正してからの就職でないと、既卒者の方は再度フリーターの属性に戻ってしまう可能性が非常に高くなります。

フリーターで留まれば良いですが、中途半端な就職をして自信を完全に失い、ニート状態に陥ってしまう方も筆者は何人も見てきました。

既卒者の方は、焦って中途半端な就職だけはしないようにして頂きたいと思います。

以下に示す方法ならば、二年という時間はかかりますが、既卒者の方でもハッピーな就職口を見つけられる可能性が非常に高くなります。

筆者も、そして筆者の同僚であったキャリアコンサルタントも、この方法で数多くの既卒者の方にハッピーな就職をお世話してきましたので、時間がかかる方法ではありますが、是非とも参考にして頂きたいと思います。

次のページ>>くだらないプライドを捨てることから始めよう

関連記事

既卒者の就職失敗例 ~既卒者の「経験不足」という落とし穴

既卒者とは、学校を卒業した後に就職しなかった人や、一度就職したけれど1~3年で退職した人を指しま

記事を読む

既卒者必読!「完全実績構築主義」で就職を勝ち取った男の話

前のコラムで、やりたくないアルバイトをしてマインドチェンジをしたり、ランクを落とした会社にルート

記事を読む

「何故既卒になったのか?」という質問の答えが、面接官の印象を大きく変える

「何故既卒になったのか?」という質問の答えを用意しておくことは、とても大事な事です。既卒者の面接

記事を読む

既卒者は不器用な人が多い?器用になるより、その個性を生かせ!

既卒者は不器用な人が多い 筆者が接した既卒者には色々な方がいましたが、就職を妨げている要因はみ

記事を読む

人材のプロが伝授する既卒者が就職を成就させる為の書類作成術

既卒者の方が見事に正社員の称号を手に入れる為には、2つのハードルを超えなくてはなりません。

記事を読む

言語化と方便言葉を駆使すれば既卒者でも楽々就職できる!

既卒者の方というのは基本的に知識が豊富な人が多くなる傾向にあります。 当然、大学という最高

記事を読む

PAGE TOP ↑