その他の求人媒体も使おう!

公開日: : 最終更新日:2016/02/12 特集

その他の媒体

求人誌はニート、フリーター、既卒者には向いている

古い媒体ではありますが、求人誌というのはニート、フリーター、既卒者には向いている就職媒体であると言うことができます。

求人誌のメリットは、まず第一に競争相手が少ないという事です。

無料有償を問わずに、求人誌から求人を探そうという人は、若い人だけに限ってみるとネット系の媒体からは非常に数が少なくなります。

求人の倍率というのは低いことに越したことはありませんので、ライバルが一人でも少ない状況というのはニート、フリーター、既卒者の方には非常に重要な要素になります。

また、求人誌を利用するメリットは他にもあります。

それは、申し込みや問い合わせをする際に、企業の人事担当者と直接電話で話ができるという点にあります。

ニート、フリーター、既卒者の方は、どうしても良くないフィルターにかけられて最初は見られるようになってしまいます。

企業の人事担当者の中には、そのような色眼鏡で見ない人もいるにはいますが、少数派である事に変わりはありません。

ですが、電話越しにでもしっかりとした対応をするようにして、最初に人事担当者のプラスの点数を稼いでおくようにすれば、書類選考の際にも「この人は電話の対応はキチンとしていた」という風に見てもらえるようになります。

実はその印象というのは非常に重要で、筆者が担当した就職希望者の中には、求人誌のみを利用して電話対応で自分を売り込んで、就職を勝ち取っていったような人が結構いました。

どこの誰かわからない人間の書類を選考するよりも、電話ででも少し話した人の書類のほうが親近感がわくのは人事担当者も同じです。

そのような盲点のメリットもありますので、求人誌は馬鹿にはできません。

ニート、フリーター、既卒者の方にはおすすめの就職媒体ですので、よく覚えておくようにしておいて下さい。

地域の情報誌は意外に使える就職媒体

盲点というべき就職媒体に地域の情報誌というものがあります。

フリーペーパーとも言われるこの媒体は、コンビニやファミリーレストラン、駅などで入手をすることができます。

その地域情報誌の中に、時々求人情報が掲載されている事があるのですが、ここに意外と良い求人情報が載っていたりしますので、見逃さないようにして頂きたいと思います。

地域情報誌の求人情報のメリットは、なにより競争率が低い事です。

読者層は女性、主婦層が中心になりますので、男性の求職者の方には特におすすめの媒体と言えます。

女性向けの求人情報が多い傾向はありますが、それでも時には男性向けの求人情報も掲載される事があります。

穴場の媒体ですが、良質な就職媒体であることには変わりはありませんので、見逃さないようにして頂ければと思います。

まとめ

ニート、フリーター、既卒者の方は一般の「社員→社員」の転職希望者と同じような媒体戦略をとっていたのでは、いつまでも就職口を見るける事はできません。

今回ご紹介したような媒体戦略をぜひとも参考にして頂き、就職の栄光を勝ち取って頂きたいと思います。

最初に戻る

関連記事

ブラック企業に入りやすい人の特徴3つ

私が転職エージェントをしていた頃に、「ブラック企業を辞めたい」と言って駆け込んできた転職希望者を

記事を読む

中国やインドからの肉食系転職希望者と戦う力をつけよう!

近年、日本で就職したいという中国やインドから来た人材が増えています。ただでさえ日本人の転職希望者

記事を読む

PAGE TOP ↑