就職の基本!ハローワーク

公開日: : 最終更新日:2016/02/12 特集

ハローワーク

インターネットが普及する前までは、「職選びはまずは職安」とまで言われていたほど主要媒体であったのがハローワークです。

現在ではネット媒体に押されがちではありますが、それでも中高年を中心に圧倒的に多くの利用者がいるのがハローワークです。

ハローワークはとにかく求人案件が多いのが特徴で、ニートやフリーター、既卒者の方には向いている媒体と言うことはできるのですが、利用に当たっては注意点もあります。

ハロワに行くなら実際に足を運ぼう

ハローワークもインターネットサービスを展開し、自宅に居ながら求人サイトのようにオンラインで求人情報の検索ができるようになっています。

しかし、企業の中にはネット上に求人情報を載せたがらない企業も多くあって、実際にハローワークまで足を運ばないと案件を見ることができないケースも結構有ります。

そのような「ハロワクローズド案件」の中には結構良い求人があったりしますので、ハロワで就職先を探そうと思ったならば、実際にハローワークまで足を運ぶようにしましょう。

若者向けのサービスを利用しよう

ニート、フリーター、既卒者の方が増加する社会情勢を受け、ハローワークでも様々な取り組みをしています。

ジョブカフェや若者就労支援サービスといった、まさにニート、フリーター、既卒者の方向けの就職支援サービスを担当する専門の窓口がハローワークの中に出来ていますので、ハロワに行った際にはこれらのサービスを見逃さないように注意して下さい。

そのような若者向けのサービスを利用する際には、若い担当者がいるハローワークを狙ってみるようにしてみてください。

ハローワークはまだまだお役所仕事で、中年以上の担当者の中には旧態依然とした対応しかできない職員がまだまだいるのが現実です。

そのような職員に当ってしまっては、まともな就職相談などできるはずもありませんので、若い担当者がいるハローワークを選んで相談に行くようにしましょう。

近くに他のハローワークが無いならば仕方がありませんが、都市部ならば他のハローワークを探してみるようにしてみてください。

手間はかかりますが、良い担当者、悪い担当者のギャップが異常に大きいのがハローワークの特徴ですので、ここは妥協をしないようにして頂きたいと思います。

併願を認めない担当者もいるので、そのような場合は他の担当者に変えよう

ハローワークで求人に申し込みをしようとすると、担当者によっては「併願は一社まで」などと決めてかかってくるような事があります。

確かに一度に多くの企業を併願されると、ハローワークとしても事務手間が増えたり、企業からクレームが入る確率が高くなったりするので、避けたくなる気持ちもわからなくはありませんが、そこは妥協をしないようにするのが大切です。

「併願は駄目です」などと突っぱねられたら、そこはすんなりと引くようにして、時間を少し置いて他の担当者に再度アタックをするようにしてみてください。

担当者によっては、二社、三社と併願を認めてくれるケースがあるので、1人の頑固な担当者によって諦めさせられる事の無いように注意をして下さい。

まだまだお役所体質が残るのがハローワークなので、ニート、フリーター、既卒者の方にはあまりおすすめはしたくないのですが、とはいえ膨大な案件数を捨ててしまうのは勿体無い限りです。

利用のコツをよく覚えて、ハロワを有効活用してみるようにしてみてください。

次のページ>>その他の求人もフル活用しよう

関連記事

ブラック企業に入りやすい人の特徴3つ

私が転職エージェントをしていた頃に、「ブラック企業を辞めたい」と言って駆け込んできた転職希望者を

記事を読む

中国やインドからの肉食系転職希望者と戦う力をつけよう!

近年、日本で就職したいという中国やインドから来た人材が増えています。ただでさえ日本人の転職希望者

記事を読む

PAGE TOP ↑