人材紹介会社を上手く活用せよ!

公開日: : 最終更新日:2016/02/12 特集

人材紹介会社


2番めの就職媒体として人材紹介会社についてご紹介をしていきたいと思います。

筆者が人材紹介会社(いわゆる就職転職エージェントです)にかつて在籍していたから言うわけではないのですが、ニート、フリーター、既卒者の方にピッタリなのが、実は人材紹介会社なのではないかと私は考えています。

正社員としての職歴が無いという事は、これまで社会というものとガチンコで接触をしてきた経験が無いという事です。

そのような皆さんが、いきなり就職活動という厳しい行動に単独で船出していくのは、やはり厳しい事だと思います。

そのような一人旅の良きお供になってくれるのが人材紹介会社というものですので、ニート、フリーター、既卒者の方にはやはり人材紹介会社を利用するのが一番だと筆者は考えています。

求人サイトと人材紹介会社を同じものだと考えておられる方が多いのですが、この2つは全くの別物です。

求人サイトは自分からアプローチをしなければ何も始まらないのが基本ですが(最近はアドバイザーなどが付くようなサイトも増えてきましたが)、人材紹介会社は、登録さえしておけば、あとは専属のカウンセラー、コンサルタントが就職候補先を選んでくれたり、相談に乗ってくれたり、条件交渉などもやってくれたりします。

求人案件は求人サイトよりは少なくなってしまうケースが多いのですが、「求人の質」という面で見ていくと人材紹介会社の方が良い案件を持っているケースが多いと言えます。

そのようにいたせりつくせりで就職の面倒を見てくれるのが人材紹介会社ですので、ニート、フリーター、既卒者の皆さんには人材紹介会社を利用する事をおすすめしたいと思います。

若者専門の人材紹介会社を利用しよう

ただし、人材紹介会社の中にも色々と種類があります。

中高年以上の経験豊富なエグゼクティブに向けた高級案件を中心に取り扱う人材紹介会社(ヘッドハンティング等が中心)等もありますので、人材紹介会社ならどこでも良いというわけにはいきません。

ニート、フリーター、既卒者の皆さんは、「若者中心」という謳い文句を前面に押し出している人材紹介会社を利用するようにした方が良いでしょう。

若者中心を謳い文句にしている人材紹介会社は、ニートやフリーター、既卒者など職歴の無い人を専門に扱っている部署を持っているケースが多いので、そのような会社を選ぶようにすると、様々な恩恵を得る事ができるようになります。

職歴の無い方の就職のお世話をする為には、やはりそれに特化させるようなノウハウが必要になります。

若者中心を謳い文句にしている人材紹介会社には、蓄積されたノウハウがありますので、そのようなノウハウのある人材紹介会社を選ぶようにすると良いでしょう。

地域密着型を謳い文句にしている人材紹介会社もおすすめ

若者中心以外にも、地域密着型を謳い文句にしている人材紹介会社を利用してみるのもおすすめの方法です。

地域密着型を標榜している人材紹介会社の営業マンというのは、企業の役員以上のクラス、つまり企業の部長さん、社長さんなどと懇意にしているケースが非常に多く、常に様々な情報交換を行っているのが通例です。

かしこまって履歴書などを送付すると、「いや今は結構です」という風になってしまうのが普通ですが、世間話の中で、「そうそう、そういえば社長、面白い人材がうちに登録に来たんですが。」という風に持っていけば、大抵は話は聞いてもらえるのが普通です。

地域密着型の人材紹介会社というのは、地元企業と常にそのようなアプローチをしていますので、話の中からあなたを売り込んでもらえるチャンスが生まれてくるものなのです。

そのようなチャンネルにあなたの情報を乗せてもらえれば、就職への道のりは一気に短くなりますので、この事はぜひとも覚えておいて頂きたいと思います。

相性の合うコンサルタントと出会える人材紹介会社を利用しよう

人材紹介会社に登録をすると、あなたに専属となるキャリアコンサルタントを1人付けてもらう事ができます。

人材紹介会社を選ぶ際の注意点は何個かご紹介をさせて頂きましたが、実は最も大切な事が「相性の合うコンサルタントと出会うこと」だという事は覚えておいて頂きたいと思います。

若者中心だったり、地域密着型だったりする事もメリットも大きいのは間違いないのですが、それら以上に大きい要素が「自分と合うコンサルタントが見つかるか否か」という点です。

人材紹介会社に登録した際に担当になったキャリアコンサルタントがもしも気に入らないようならば、思い切って「他のコンサルタントをお願いします」という風に申し出ても構いません。

それがちょっと気が引けてしまうのであれば、相性の合うキャリアコンサルタントに出会えるまで人材紹介会社に登録しまくるというのも良い手法です。

とにかくあなたの就職の成否を左右すると言っても過言ではないのがキャリアコンサルタントというものですので、そこで一切の妥協が有ってはなりません。

良いコンサルタントと出会えるまで、徹底的にコンサルタント探しをしてみてください。

研修プランが豊富な人材紹介会社を選ぼう

人材紹介会社を選ぶ際には、小見出しのような要素に着目してみる事も重要です。

ニート、フリーター、既卒者の方というのは、持っている能力を発揮するための社会的な素地がどうしても不足してしまっています。

社会的素地はビジネスマナーという言葉に置き換える事ができるのですが、このビジネスマナーに自信がなかったりすると、面接自体が怖くなってしまったりして、就職活動に身が入らなくなってしまったりもします。

そのような「自信が無い状態」「不安が大きい状態」でいると、面接官には一発で見抜かれてしまうようになりますので、就職の栄光はいつまでたっても自分の元にはたどり寄せられないようになってしまいます。

人材紹介会社には、登録者に向けてビジネスマナー、社会人の心得といったコンテンツの研修サービスを行なっている所があります。

大体の人材紹介会社が研修サービスを行ってはいるのですが、内容を見ると「他がやっているから、差をつけられないためにウチも」という感じで仕方なくやっている会社もありますので注意が必要です。

ホームページで積極的に研修コンテンツの内容を紹介しているような人材紹介会社は、研修サービスにも力を入れている会社という事になりますので、そのような人材紹介会社を選ぶようにすると良いでしょう。

研修と言うと毛嫌いする方も多いかもしれませんが、参加して自分自身の駄目出しをしておくだけでも、自信の持ちようは格段に変わってくるものです。

ましては、ニート、フリーター、既卒者の方は始めて勉強するような内容ばかりなはずですから、目からウロコの研修が多いはずです。

無料で受けられる研修が殆どですので、そのようなコンテンツを積極展開している人材紹介会社を選ぶようにすると良いでしょう。

おすすめ求人サイト

リクルートエージェント


http://www.r-agent.com/

次のページ>>ハローワークも使い様!

関連記事

ブラック企業に入りやすい人の特徴3つ

私が転職エージェントをしていた頃に、「ブラック企業を辞めたい」と言って駆け込んできた転職希望者を

記事を読む

中国やインドからの肉食系転職希望者と戦う力をつけよう!

近年、日本で就職したいという中国やインドから来た人材が増えています。ただでさえ日本人の転職希望者

記事を読む

PAGE TOP ↑