既卒者の就職失敗例 ~既卒者の「経験不足」という落とし穴

公開日: : 既卒者の就職講座

既卒者の就職失敗例既卒者の経験不足という落とし穴
既卒者とは、学校を卒業した後に就職しなかった人や、一度就職したけれど1~3年で退職した人を指します。

彼らに共通した特徴は、社会経験が不足しているという点です。既卒者の就職ではこの「経験不足」が落とし穴になることが多いのです。

筆者が担当した既卒者Kさんも、社会経験が不足しているために就職を失敗してしまった一人でした。経験不足がどのような事態を招いたのか、詳しくお話しましょう。
 
 

大手企業退職後に知った厳しい現実

Kさんは新卒で大手IT企業に入社しました。何ヶ月間かの研修の後に配属された現場で見た、下請け会社の社員や社長までが親会社の社員にペコペコした態度をとる様子が印象的だったそうです。

IT業界というところは、親会社と下請け会社の力関係が歴然としています。たとえ新入社員であっても、下請け会社の社員からは敬語で話しかけられるのが普通だったと言います。

Kさんは仕事をして行くうちに、もっと技術寄りの仕事がしたいと思うようになり、入社後1年で退職します。しかし、転職活動するようになると、Kさんは厳しい現実を知ることになります。

Kさんは前職での実務経験が少ないため、「未経験」として就職活動をせざるを得ませんでした。

未経験からだと前職の大手IT企業並みの給与水準の求人は、ほとんどありません。

さらに、既卒者として就職することで、収入や待遇の面で条件がかなり下がることを思い知らされるのです。

Kさんはその後、「技術力を磨くことができる」と考えたベンチャーのIT企業に再就職を果たします。しかし、Kさんには仕事の負担が大きすぎて技術力を磨く暇もなく、技術力を高めるどころではなかったそうです。

その後、その会社も辞める羽目になってしまいました。
 
 

失敗の原因になったのは、様々な「経験不足」

Kさんの転職失敗は、様々な「経験不足」が重なった結果だと筆者は考えます。

IT業界の転職について全くの無知であり、スキルアップの努力も足りなかった

IT業界の中途採用は、実務経験がある程度ある人の応募がほとんどです。実務経験が無い場合、資格や知識などIT関連の素養がある人や、勉強する意欲がある人が優遇されます。

Kさんのように経験も知識も中途半端だと「未経験」扱いになってしまうことを、Kさんは知らなかったのです。

それを知ってもなお、資格取得などスキルアップの努力をしなかったのが、さらに事態を悪化させました。

既卒者は新卒者よりも条件が下がることを知らなかった

一般に、新卒時よりも既卒者の方が就職の条件が不利になります。もちろん、それをはねのけて有利に転職する人もいますが、そのためには様々な努力や工夫が必要です。

しかし、Kさんには情報収集や資格取得などの努力が足りませんでした。

「大手企業のSE」という肩書に惑わされ、自分を過信してしまった

大手企業のSEとして下請け会社の社員にぺこぺこされることで、自分に実力があると思いこんでしまったと、後にKさんは言っていました。
社会経験が未熟なKさんは、大手企業でちやほやされたことで自分の実力を過信してしまったのです。
 
 
 

このように、Kさんには知らないことが多すぎました。若いうちの転職では、経験不足が一番の足かせになります。

しかし、経験不足であることを認識し、不足部分を努力でカバーすることができる人は、必ず良い転職をすることができると筆者は考えています。
 
 
 

関連記事

既卒者は不器用な人が多い?器用になるより、その個性を生かせ!

既卒者は不器用な人が多い 筆者が接した既卒者には色々な方がいましたが、就職を妨げている要因はみ

記事を読む

人材のプロが伝授する既卒者が就職を成就させる為の書類作成術

既卒者の方が見事に正社員の称号を手に入れる為には、2つのハードルを超えなくてはなりません。

記事を読む

「何故既卒になったのか?」という質問の答えが、面接官の印象を大きく変える

「何故既卒になったのか?」という質問の答えを用意しておくことは、とても大事な事です。既卒者の面接

記事を読む

既卒者必読!「完全実績構築主義」で就職を勝ち取った男の話

前のコラムで、やりたくないアルバイトをしてマインドチェンジをしたり、ランクを落とした会社にルート

記事を読む

言語化と方便言葉を駆使すれば既卒者でも楽々就職できる!

既卒者の方というのは基本的に知識が豊富な人が多くなる傾向にあります。 当然、大学という最高

記事を読む

既卒者が望む仕事に就職するための鉄板の方法を公開!

既卒者は一番嫌われる!? 人材会社に勤務をしていると、ざまざまな属性の方が職探しの相談にや

記事を読む

PAGE TOP ↑