「40代フリーター歴のみ。もう就職は諦めた方が良い?」

公開日: : 最終更新日:2016/07/29 フリーター就職講座

30代中盤から40代の方に多く見られる質問がこれです。

「このような質問が出る時点で就職できる可能性は低くなってしまいますよ!」と言いたい所ですが、それを言ってはお終いになってしまいますのでご一緒に傾向と対策を考えていくことにしましょう。

フリーター歴しかなくても、長く勤務をしている事で何らかの成果、実績は残してきている方がほとんどなはずですから、早々に諦めてしまうのではなく、「何かないか!」と必死に実績の棚卸しをしてみて頂きたいと思います。

警備員のアルバイト経験しかない方でも、アルバイト後期はどこに行っても現場のリーダーを任されていたとか、新人の教育係を常に任されていたなど、会社から「あなただから任せられる事です」という業務を請け負っていた事は無かったか、今一度思い出してみるようにしてみて下さい。

ビルの管理人のアルバイトを15年やっていたという方だって、棚卸しをしてみれば、「そういえば現場の業務を徹底的に効率化させて、非常に楽に勤務をしていたっけな」という成果が出てくるかもしれません。

飲食業のアルバイト経験がない方でも、新しいメニュー開発を料理長と一緒にやっていたとか、若いアルバイトの管理は全部自分がやっていて、良い兄貴分として皆から慕われていたなど、あなたでなければ出せなかった実績というものがなにか有ったはずです。

必死に棚卸しを行う事で実績というものは必ず掘り起こせるようになりますので、ご自身を信じて一生懸命に棚卸しの作業をやってみて下さい。

どうしても実績が見出せないという方は、アルバイトとして長年勤めた職場を訪問し、事情を話して前の上司の人などから意見をもらうのも良い方法です。

正社員の仕事ではそのような機転、打開策を追い求める姿勢などが重視されるようになりますので、昔の上司に意見をもらいに行くことは、とても素晴らしい取り組みだと言えます。

実績の棚卸しをして情報を積み重ねていけば、職務経歴書の枠では書ききれないほどの実績が出てくるのが通例です。

「自分はタラタラやっていたから、どんなに掘り出しても実績なんか出てこないよ」などと諦めてしまわずに、必死に努力をして頂きたいと思います。

そうすれば中高年の方でも胸を張って面接に臨めるような職務経歴書が書けるようになるはずです。

ピンポイントでエネルギーを注ぎ込み、最大のリターンを得られるように頑張ってみてください。

「社員レベルのビジネスマナーが全然わからないんです」

今までの質問とはやや毛色は変わるのですが、このような質問もよく寄せられます。

アルバイト経験では営業や渉外担当など、外部の人と接して仕事をする機会がなかなか与えられないので、その点で劣等感を抱いてしまう事は致し方がない事だと思います。

ですが、有効な対策は存在していますので、どうか安心をして頂ければと思います。

その気になって探してみると、世間では数多くのビジネスマナーの研修会が行われていることがわかります。

筆者が在籍していた人材会社でも、時に外部講師を招いてビジネスマナーの勉強会を開いていましたし、自治体が主催の研修会、ハローワークが主催の研修会も頻繁に行われています。

もちろん有料の勉強会の方が中身は濃くなりますが、その辺はご自身の経済状態と合わせて参加をするようにすれば問題はありません。

そのような研修会は内容よりは場数が重要になりますので、数多く参加をしておけば「だいたいのOKライン」というのが見えてくるようになります。

ビジネスマナーでは、「こうやるべき」というものを追求するとキリがなくなるのですが、それを追求するのは会社に就職をしてからでも遅くはありません。

それよりも「これはやってはならない」ものだけを先に身体に叩きこんだ方が就職活動の段では効率的です。

NG集だけでも叩き込んでおけば自信の付き方も格段に変わってきますので、まずは「やってはならないビジネスNGマナー」を優先して勉強するようにしましょう。

そしてある程度研修会で自信が付いたら、異業種交流会に参加をしてみる事をオススメします。

異業種交流会は民間主催、自治体主催のものなど様々なものがありますので、ご自身の好みに合いそうなものを選ぶようにすれば良いでしょう。

参加費用は軽食が付いて3000円前後のものが多いので、経済的な負担は大きくありません。

異業種交流会には名前の通り様々な業種、様々な年齢層の人間が参加をしてきますので、ビジネスマナーを実戦で学ぶには最高のステージになります。

就職活動中の方でも参加資格に問題は出ませんので、このような異業種交流会に参加をするようにすると驚くようなスピードでビジネスマナーを習得できるようになります。

異業種交流会は情報交換の場でもありますので、就職に有利になるような情報をゲットできる事もあります。

フリーターの方が場数を踏むのにこれ以上最適な場所はありませんので、ぜひとも参考にして頂きたいと思います。

次のページ>>「フリーターでも就職しやすい会社は無いの?」

関連記事

フリーター就職の最難関!面接官をやっつける為の4つの心構え

フリーターが「就職」と言う栄光を手に入れるには、最大の壁、面接官との面接を乗り越えなければなりま

記事を読む

フリーターに慣れ過ぎていない?フリーターが責任を持って仕事をするようになるには

正社員にすぐなれそうな人とそうでない人の違い 人材会社で長く人材屋をやっていると様々なフリータ

記事を読む

no image

フリーターの就職失敗例 ~考えが甘く我慢が出来ないフリーター~

就職に失敗するフリーターの就職希望者のほとんどが当てはまる事があります。 それは、「考えが甘い事」

記事を読む

フリーター歴のみでも資格と履歴書を巧みに使えば就職できる!

就職歴がないフリーターの人にとって一番辛いのは、「自分も早く正社員として就職しなくてはならない」

記事を読む

就職が近づく逆療法!フリーターで居続けるリスクを知れ!

「フリーターは気楽な稼業」と言われますが、その気楽なフリーター稼業を続けるとどのようなリスクを背

記事を読む

どうしても面接が突破できないなら、公務員になるかバイト先で社員昇格する道もある

どう頑張っても面接が苦手な人もいる 筆者が人材担当としてフリーターの就職のお手伝いをしていた時

記事を読む

PAGE TOP ↑