「アルバイト職歴も嘘を書くとバレるの?」

公開日: : 最終更新日:2016/07/29 フリーター就職講座

先述した「職歴は全部書かないとダメ?」の質問とも関連性が高いこの質問も、筆者が在職中にはフリーターの方から多く寄せられました。

答えは難しく、「バレるといえばバレるし、バレないといえばバレない」というのがその答えになります。

基本的には雇用保険の履歴からアルバイトであっても職歴は探る事ができますし、税金の関係から同じ年内のアルバイトであれば、嘘を書いていた場合には就職が決まってからマズイ事になります。

例えば2014年に警備員のアルバイトをしていて、同じ2014年内に就職が決まった場合には、年末調整などで2014年内の所得を確定させなければならなくなります。

よく年末に緑色の書類を渡されて名前と住所を書かされた経験がお有りかと思いますが、職歴を詐称していたりすると、あの緑色の書類絡みで嘘がバレてしまう事もあります。

税金の問題ですから所得の面で絶対に嘘はあってはなりませんので、タイミングによらず嘘は記載しないのが一番です。

雇用保険の履歴からも嘘がバレてしまう事がありますので、注意をしておくに越した事はありません。

晴れて就職が決まって入社の手続きをすると、会社の人事課、もしくは総務課の社員がハローワークに出向いて雇用保険の手続きを行うようになります。

社会保険労務士にすべて代行させる会社が多いのですが、ハローワークが雇用保険の手続きを受け付けることには変わりはありません。

そこで会社の担当者は履歴書を持って雇用保険の手続きに入るわけですが、雇用保険の加入歴と履歴書のストーリーが合致しないと、ハローワークの担当者が「これって○○さんのお手続きですよね?名前と生年月日、職歴は本当に間違いないですか?」と会社側に問い合わせをしてきて、そこで「なんかおかしいぞ」という風になってしまうのです。

雇用保険の加入歴は本人しか参照できませんので、会社側は詳細までは知り得る事はないのですが、「なんかこの人おかしいな」という目で見られるようになってしまう事は間違いありません。

特に注意をして欲しいのは就職が決まる前の一個前のアルバイト先の情報で、ここが正確でなかったりすると面倒なことなってしまう確率が非常に高くなります。

ハローワークの担当者によりけりで、過去の履歴が少し合わなくても前職の情報におかしな点がなければそれでヨシとする担当者もいますし、前職と過去の職歴が記録と完全に合致していないと「変ですね」と考えるハローワーク担当者もいます。

この辺は担当者の資質による所が大きいので何とも言えない所ではあるのですが、とにもかくにも職歴では嘘は書かない事が重要になります。

せっかく苦労してゲットした就職先でも、履歴書に虚偽記載があると正当に解雇されてしまう事もありますので注意が必要です。

正確な雇用保険の加入歴が知りたい方は、ハローワーク出向いて「雇用保険被保険者資格取得届出確認照会票」というのを提出すれば、正確な雇用保険加入歴を調べる事が可能です。

悪意が無いのに勘違いで不正確な情報を記載したが為に不利益を被る事もあるので注意が必要です。

フリーターの方は職場を転々とされる流転派の方が多いので、変な色気を出したりしないよう正確な職歴を履歴書に記載するようにしましょう。

「でも、そもそもアルバイトの経験を職歴として考えて良いの?」

先の二人の質問と連動するこの手の質問もフリーターの方から多く寄せられます。

アルバイトであっても何であっても、ご自身が体や頭脳を提供して、その対価として賃金を受け取った訳ですから、これは職歴以外の何ものでもありません。

正社員で仕事をしていないと職歴にはならないとか様々な怪情報が世には出回っていますが、あまりそのような情報には惑わされないようにすることが重要です。

アルバイトを職歴として考えて胸を張っても、「アルバイトの経験でしかないから」と卑屈になっても、あなたの過去の履歴は変える事はできません。

世の中の人事担当者の中には、「うちの会社なんて社員よりもアルバイトの方が優秀な子が多いよ」などと口にする人もいます。

変えられないことを卑屈に思っても何も物事は進みませんので、アルバイト歴を職歴として考えて胸を張って就職活動に臨むようにしてください。

次のページ>>「40代フリーター歴のみ。もう就職は諦めた方が良い?」

関連記事

就職が近づく逆療法!フリーターで居続けるリスクを知れ!

「フリーターは気楽な稼業」と言われますが、その気楽なフリーター稼業を続けるとどのようなリスクを背

記事を読む

どうしても面接が突破できないなら、公務員になるかバイト先で社員昇格する道もある

どう頑張っても面接が苦手な人もいる 筆者が人材担当としてフリーターの就職のお手伝いをしていた時

記事を読む

フリーター歴のみでも資格と履歴書を巧みに使えば就職できる!

就職歴がないフリーターの人にとって一番辛いのは、「自分も早く正社員として就職しなくてはならない」

記事を読む

フリーター就職の最難関!面接官をやっつける為の4つの心構え

フリーターが「就職」と言う栄光を手に入れるには、最大の壁、面接官との面接を乗り越えなければなりま

記事を読む

フリーターに慣れ過ぎていない?フリーターが責任を持って仕事をするようになるには

正社員にすぐなれそうな人とそうでない人の違い 人材会社で長く人材屋をやっていると様々なフリータ

記事を読む

no image

フリーターの就職失敗例 ~考えが甘く我慢が出来ないフリーター~

就職に失敗するフリーターの就職希望者のほとんどが当てはまる事があります。 それは、「考えが甘い事」

記事を読む

PAGE TOP ↑