元人材屋が作るフリーター就職に関する役立ちすぎるFAQ

公開日: : 最終更新日:2016/07/29 フリーター就職講座


フリーターの方の就職のお世話をしていると、決まって聞かれる質問が何個かあります。

「え?また?」「この人も前の人と同じ質問だ」

そのように感じさせられる事が何度もありました。

それすなわち、フリーターの就職希望者の方の心配事が、ある程度共通している証拠でもあると筆者は分析をしています。

であるならば、FAQ(よくある質問)としてまとめておけば、役立てて頂ける機会も多くなるというもの。

よくある質問に就職マーケットのプロが回答していくユニークなコラムとして今回はご紹介をしていきたいと思います。

「アルバイト歴は履歴書に全部書かないとダメですか?」

非常に多かった質問の中でダントツに多かったのがこの質問です。

フリーターの方は大きく二種類のタイプに分けられ、片方は「点々と色々なアルバイトを渡り歩いてきた」という流転派、もう片方は「一つの仕事をずーっとアルバイトとして続けてきた」という定着派に分けられるのですが、問題は流転派の方にありました。

流転派の中には「合わないと思ったので三日で辞めてしまったアルバイトが結構ある」などという方が結構いらっしゃって、そのような方の場合、バイトをしていた期間が不明という事も結構あり、履歴書に記載するにはどうしたら良いのか困ってしまうケースが多々生じていたのでした。

正確なバイト期間がわからない事も不安要素ですが、もっと不安なのは「これだけ転々としていて、我慢が足りない人だと思われないだろうか?」という要素でした。

回答を先に言ってしまうと、「1日だけのアルバイトでも、履歴書には記載した方が良い」というのが筆者の回答です。

アルバイトといえども立派なキャリアであることには変わりはありませんので、履歴書に書かないなどというのは非常にもったいない事です。

長続きせずに転々としているマイナス印象は持たれてしまうかもしれませんが、アルバイトでも雇用保険などに入っていれば加入歴から過去の職歴は全部ばれてしまいます。

雇用保険の加入歴は本人でなければ参照はできないのですが、とはいえどこからバレてしまうかわからないものですから、隠すよりは全部書いてしまった方が企業の人事担当者には好意的に映るものです。

問題は書き方にあって、それさえ気をつけておけばあまり悩む必要がないのがこの問題です。

履歴書の職歴欄にズラズラとアルバイト歴を並べるのは見た目的に良くありません。

長く続いた(半年以上が一つの目安です)アルバイトのみを列記するようにして、短期間で辞めてしまったものに関しては履歴書職歴欄の一番下にまとめてしまい、「以下、短期間のアルバイト職歴」などという風に注意書きを付けてまとめて記載をしておくようにすればそれでOKです。

読み手の人が「見てわかる」状態になっているかどうかが重要です。

アルバイトの期間の記憶が定かでなければ、後にご紹介する方法でハローワークで検索してもらう方法もありますので、あまり心配しなくてもOKです。

雇用保険の履歴からアルバイト期間が追えないような場合には、大まかな記憶でアルバイト期間の記載をしておいてもOKです。

その際には、職場の名前とアルバイト内容を簡潔にまとめて、横に「期間不明」と書いておけばOKです。

忘れてしまったものは記載のしようがありませんので、このあたりで後ろ向きになってしまわない事が重要です。

職歴の多い人用の履歴書も販売されていますし、場合によっては自作の履歴書でも構いません。

人事担当者が見た時に理路整然と事実がわかりやすく記載されていること(つまりは中身ではなくビジュアルの問題)が何よりの重要ポイントになりますので、心配するポイントを間違わないようにして頂きたいと思います。

ゴチャゴチャした内容でも簡潔に理路整然と記述できる事は絶好の事務処理能力のPR材料になります。

あらゆるマイナス因子をプラスに変えてしまう発想がフリーターの就職活動では需要になることを覚えておいてください。

次のページ>>「アルバイト職歴も嘘を書くとバレる?」

関連記事

就職が近づく逆療法!フリーターで居続けるリスクを知れ!

「フリーターは気楽な稼業」と言われますが、その気楽なフリーター稼業を続けるとどのようなリスクを背

記事を読む

フリーター就職の最難関!面接官をやっつける為の4つの心構え

フリーターが「就職」と言う栄光を手に入れるには、最大の壁、面接官との面接を乗り越えなければなりま

記事を読む

no image

フリーターの就職失敗例 ~考えが甘く我慢が出来ないフリーター~

就職に失敗するフリーターの就職希望者のほとんどが当てはまる事があります。 それは、「考えが甘い事」

記事を読む

どうしても面接が突破できないなら、公務員になるかバイト先で社員昇格する道もある

どう頑張っても面接が苦手な人もいる 筆者が人材担当としてフリーターの就職のお手伝いをしていた時

記事を読む

フリーターに慣れ過ぎていない?フリーターが責任を持って仕事をするようになるには

正社員にすぐなれそうな人とそうでない人の違い 人材会社で長く人材屋をやっていると様々なフリータ

記事を読む

フリーター歴のみでも資格と履歴書を巧みに使えば就職できる!

就職歴がないフリーターの人にとって一番辛いのは、「自分も早く正社員として就職しなくてはならない」

記事を読む

PAGE TOP ↑