元人材屋が、「就職未経験組」を就職に導くスゴ技を公開する!


元人材会社勤務による、求人媒体の効率的な使い方を知りたい方は「プロの求人媒体活用術」へ、
手っ取り早く求人探しに入りたい方はこちらへ、
就職に関する情報や心構えをお求めならそのまま下へお進み下さい。

人材会社はそれほど敷居が高い場所ではないと知れ!


「就職経験がなくても、正社員の仕事に就くことができるでしょうか?」

人材会社(就職エージェント・転職エージェント)に勤務をしていると、週に何度かはそのような相談を受けるようになります。

筆者は四年間の人材会社勤務経験があるのですが、在籍した四年間に、ニート、フリーター、既卒者という「就職経験が無い」属性の方から、数多くの就職の相談を受けていました。

転職サイトや転職エージェントというと、多くの人が、「パリッとスーツを着こなしたスキルと経験が満点の人が、より良い仕事先を求めて集まってくる場所」という風に考えるかと思います。

ですが、実際にはそのような「バリバリの人」が相談にやってくるよりも、無職の方や先ほど挙げた就職未経験組が相談にやってくる事の方が多いという現実があることは、覚えておいて頂きたいと思います。

もちろん、人材会社によってはバリバリのビジネスマンの転職案内が得意な会社もあるのですが、そのような会社ばかりではありません。

ニート、フリーター、既卒者の方は、世の中にはそれほど敷居が高くない人材会社もあるのだという点は覚えておかれると良いかと思います。

本サイト内では、就職支援を行う転職サイトや転職エージェントが「それほど敷居が高い場所ではない」ということを実例を挙げて解説しながら、筆者が転職エージェントに在籍中に学んだ、ニート、フリーター、既卒者の方向けの「旬」の就職テクニックを公開していきたいと思っています。

ニートの方は、自分の就職動機を胸に留め、「オイシイ場所」へ集え!

ニートの記事一覧はこちら

ニートの方が就職口を見つけるには、まずは「就職動機」というものをキチンと整理しておく事が重要になります。

その具体的な方法はサイト内で詳しく解説をしますが、とにかく、「就職しようと思った動機」だけはしっかりと整理をしておくことを重視して頂きたいと思います。

ニートの方が就職を決めるには、この「気概」が何よりも重要になりますので、サイト内のノウハウを良く参考にされて、素晴らしいスタートを切るようにして頂ければと思います。

ただし、社会と最も隔絶された場所にいるというのがニートの方の現実の姿でもありますので、その辺、ハードルを上げすぎないように工夫はしてあります。

「就職はしたい(しなければならない)と思っているけれども、どうしても怖くて一歩が踏み出せない」というニートの方に向けて、社会復帰の為の最高の学校がある事もサイト内で紹介していきますので、「やる気があるが、恐怖の方が大きい」というニートの方には、ぜひとも参考にして頂きたいと思っております。

フリーターも大丈夫!履歴書の書き方と面接官の正体を熟知すれば、就職は突破できる!


フリーターの記事一覧はこちら

ニートの方と双璧をなして就職が厄介なのが、フリーターの方です。

職歴はないものの、アルバイターとして社会との接点があるので、一見するとニートの方より就職は楽なように映るのですが、実は就職に最も苦労する属性が、この「職歴無しフリーター」の方たちなのです。

ですが安心をして頂きたいと思います。

筆者の在籍していた人材会社では、特別にフリーターの方たち向けの「就職支援部署」のようなものを作って、数多くのフリーターの方たちの就職支援をさせて頂いていました。

そこには数多くの就職ノウハウがありましたので、本サイト内ではそのノウハウを惜しみなく公開していきたいと思っています。

詳細はサイト内のコラムに譲りますが、大まかな概要として、以下のような内容に触れています。

・転職サイトを上手に活用し、希望と現実を整理することで就職可能性はグッと高まる。
・履歴書の書き方を「フリーターバージョン」に書き換える事で、就職可能性は格段に高まる。
・面接官を一番怖がるのがフリーター属性の就職希望者の方。ならば、「面接官恐るるに足らず」となるような、面接官の正体について解説をしていきます。
・フリーターの方は面接の際に自分を演出するのが下手すぎる現実がある。もっと自分を輝いた存在に魅せる為の簡単演出法について解説をしていきます。

簡単にまとめると上記のような内容に触れてコラムを制作してあります。

フリーターの方には、「これなら自分にもできる!」「就職できるような気がしてきた!」と思って頂ける内容になっていますので、ご期待をして頂きたいと思っています。

既卒者の方は、つまらないプライドを打ち砕けば就職できる!


既卒者の記事一覧はこちら

ニートやフリーターの方とは違う意味で就職に苦労されるのが既卒者の方たちです。

苦労する理由と、その課題解決法はサイト内のコラムで詳述しますが、何より既卒者の方は、「呪縛されている大卒というプライド」を捨てる事から始めないと良い結果は望めないという現実だけは押さえておいて頂きたいと思います。

プライドを打ち砕く方法というものは簡単そうに思えて、実はそう簡単な事ではありませんので、まずは現実を知り、それを受け入れる事から始めて頂きたいと筆者は考えています。

「自分には大卒のプライドなんてこれっぽっちも無い」という人の方が、実はもっと厄介だったりしますので、そこのところは押さえておくようにして頂きたいと思います。

「プライドを捨てて、やりたくない仕事もしながら就職口を見つけて行く」というかなりな荒療治ですが、既卒者の方が良就職先を見つけるには最適な方法ですので、「何が何でも就職したい!」と思っている既卒者の方にはぜひともご一読頂きたい内容になっています。

極論続きで恐縮なのですが、上記とは違う既卒者の方の就職手法に関しても、別のコラムで紹介をしてあります。

こちらでは、自分のスキルを証明するためにフリーランスという立場を選び、そこで効率的に実績構築をして良就職先を見つけたある男性の実録を掲載し、解説も加えた読み応えのあるコラムを掲載してあります。

抽象的な話になりがちなのですが、実録を載せる事で既卒者の方どなたにでも参考にして頂けるような内容になっていますので、ぜひともご一読頂きたいと思っています。

効率的に技を駆使して就職口を確保しよう!

ニート、フリーター、既卒者の方が良就職口を見つける事は簡単な事ではないことは確かです。

ですが、戦略をしっかりと打ち立てて、同時に心の中の交通整理を行いながら効率的に行動することで、就職口が見つかる可能性は非常に高くなりますので、まずは気持ちを強く持って頂ければと思います。

繰り返しになりますが、筆者は人材会社という「就職の最前線」に籍をおいていた人間です。

ですので、サイト内のコラムの内容は、時に毒々しい現実の話が展開される事もある点だけはご了承を頂きたいと思います。

コラム内にはみなさんに参考にして頂けると私が考える要素をふんだんに織り込んでありますので、その中からご自身にフィットする有益情報を見出していって頂きたいと考えています。

「簡単ではないが、方法は必ずある!」

ニート、フリーター、既卒者の方であっても、素敵な会社に入って、元気に楽しく仕事をしている方がたくさんいらっしゃいますので、みなさんにも是非とも頑張って頂きたいと考えています。


公開日:
最終更新日:2015/12/01

PAGE TOP ↑